ご挨拶

toyoshima_057_edited.jpg

豊島総合法律事務所
​代表パートナー

豊島  國史

Kunifumi Toyoshima

豊島総合法律事務所のミッションは、社会正義の実現に資する顧客企業の目標達成に貢献することです。企業はイノベーションを通じて社会変革を促そうとしますが、近年、企業を取り巻く環境変化とそのスピードは過去に例のないほどのものといえ、さらに新型コロナのような未経験の脅威が企業の行動に大きな影響を与えています。私たちはこうした環境下において、常に顧客に寄り添い、企業の意思決定や活動、組織変革を支援して参りました。 

成熟した資本主義経済下においても、企業が社会発展の担い手となっていくことは疑いの余地のないところですが、新たな環境変化は企業にとってチャンスであると同時に新しいリスクに直面することを意味します。私たちは、単に法的知見に基づくアドバイスにとどまらず、顧客企業の目標達成のために、社会的な合理性・倫理性などの観点も包含した総合的なアドバイザリーサービスの提供を目標として参ります。

事務所開設以来、私たちの行動目標は、常に顧客から最も信頼されるパートナーとして選ばれることであり、同時に、選んでいただいた顧客に対しては常に想定される以上のサービスをご提供することでした。

私たちは今後もこの姿勢を堅持しながら、さらに幅広く質の高いサービスを提供するために組織一丸となって研鑽を積んで参ります。

 

法律事務所の社会的な役割や機能も時代の進展とともに変わってきましたが、いつの時代も、ハイレベルなリーガルサービスは優れた人財の存在とその結集によって達成されます。そのため、私たちは、より多くの優れた法曹人財とそれを支えるスタッフ人財をメンバーとして確保・育成していくことが法律事務所の使命であると確信しています。

 

私たちの法律事務所はメンバーそれぞれ及び顧客企業に対する貢献のために存在するものであるとの考え方から、メンバー一人一人が業務と私生活を相互に損なうことなく両立させて安心して執務できる環境を整備したうえで、「メンバーの成長が法律事務所の成長に、法律事務所の成長が顧客への貢献に、顧客への貢献がさらなるメンバーの成長に繋がる」という好循環の成長軌道を描く組織作りに邁進して参ります。

Signature_transparent.png
Free_Sample_By_Wix01Trimed.jpg